借りては返すを繰り返しているうちに枠が広がってきて、気がつくと夫婦合わせて400万円程の借入れ。毎月の返済もきつくなってきた頃、周りで住宅購入ラッシュが。私たちも家が欲しいと思うようになり、今の借金を合わせて住宅ローンを組んで家を買うのが一番いいやり方かなと…
30代ご夫妻 (子供なし)

私たち夫婦の場合、月末にちょっとお金が足りなくなる、という事が2,3回あったので、その時には消費者金融を利用していました。最初の頃は、特に枠いっぱいまで借りることも無く、5万円位を借りては返すを繰り返していました。ただ、貸し借りを繰り返しているうちに枠が広がってきて、それと共に借りる額も増えてきました。使い道も最初は飲食代程度でしたが、慣れというか、だんだん増えてきて旅行代金とかに使うようになって、結局ハワイに遊びにいく旅費にも使うようになっていきました。

気がつくと夫婦合わせて400万円程の借入れになってしまって、毎月の返済もきつくなってきた頃です。会社の同僚が家を買ったという話を聞き、私の妹も家を建て、隣の住人も家を買って引っ越していってしまうというように、急に私の周りが住宅ラッシュになりまして、私たちも家が欲しいと思うようになりました。今更ですが遊ぶより家を買うための貯金をしとけばよかったと、このときは結構後悔したものです。

それで今の借金を合わせて住宅ローンを組んで家を買うのが一番いいやりかたかなと思い、不動産業者に相談したところ「そういうお問合せは、たまにありますが、一旦今ある借入金を全額返済しないと、銀行は住宅ローン融資を受け付けてくれません。返済比率をオーバーしてしまいますから。」と言われてしまいました。返済比率って何?と思い調べると、返済額の総額は年収の35%を超える事が出来ないという事でした。結局、借金と住宅ローンを合わせて今の借金を消してしまうという考え方は、あくまで住宅ローンを組めることが前提なのに、返済比率のせいで組めないとなると、自力で今の借金を全額返済しなくてはならず、家の購入はずっと先になってしまうということが判明。

他に何とかしてくれる不動産業者や銀行はないものか、と探して「くめ太」にたどり着きました。対応してくれた担当者の話では、返済比率を超えないようにして、住宅ローンを組むことは出来るという事、ただし自分の年収に見合った物件価格で、今後の返済に無理が無いような価格設定にする事など、他にもいくつか条件をクリアすれば可能であるという説明を受けました。もうこれ以上借金の返済を続けるのも厳しいし、家も買いたいので、物件探しは条件を低く設定することで夫婦共に納得し、担当の人のアドバイスを受けながら話を進めて貰うことにしました。

結果として、毎月の返済額は、借金は住宅ローンと合わせることが出来たので返済比率にも収まって無事に融資を受けて家を買うことが出来ました。

借金住宅ローン相談

秘密厳守 東京・神奈川・埼玉・千葉
解決にむけてまずはコンサルから。 相談料0円 (着手金等は一切なし)
借金と住宅ローン解決 コンサルティング 相談料:無料

職場の休憩時間に近所のファミレスで、ご自宅で、ご都合のよい場所・時間にコンサルタントが伺います。

▶【無料】借金・住宅ローン相談 ご利用の流れ
料金
住宅購入後に「ローン事務手数料」として
11万円(税込)
コンサル(相談)料
何度でも】相談料はありません。
出張料金・時間料金
特別料金や割増料金等なし】都合の良い場所・時間で。
着手金・手付金
成果報酬】もし成約できなかった場合にかかる料金は一切無し。